音速珈琲廊ものがたり

2009年11月19日 (木)

音速珈琲廊ものがたり。

/by michiro-U.

やっとCDが出来上がりました。
実は来年早々にBaliのMaharaniRecordというところから、正式にCDが発売されるのですが、それに先行して、JapanEditionとして、内容を変えて制作したものです。
いまのところ通信販売とライブ会場のみの販売(¥2000)となっています。
Jack1
2002年から続いている音楽の冒険の結実です。
アート.ワークはUmiIshigami、以前彼女の個展で何度か演奏しました。

そしてこれはね、ぼく(michiro-U.)の側から見ている音速珈琲廊のお話しなので、公式なプロフィールとは少し違うものになってしまうかも知れません。だから「ものがたり」です。
Jack2
BALI島のUBUD村に住んでいたぼくは、PlanetBambooという多国籍の音楽グループをやっていてね、色々な民族楽器を自分なりに操ることは楽しくて驚きに満ちた日々でした。
すきなだけ時間をかけて、ソロ音源を録音したりしていました。
そして息子ができて、ぼくは「世界」に満足しかけていたのですね。
けれど、、
「世界」に悪い風が吹き込んで来た。
ひやりと肌をかすめるものたち。凍えた手。
2000年のN.Y.のテロからこっち「世界」は少しづつ変容してきたように感じました。もちろんその兆しはもっと前からあったのだろうけれど、ぼくの皮膚感の嫌な感じはこの日を境に始まりました。
そしてその2年後、バリでも爆弾による同様のテロが起こり、たくさんの人々が亡くなった。
凍えた掌はとうとうぼくの首筋を掴み、ぼくの満足は破壊され、ようやく「外」へと目が開いたのです。

ジャカルタ〜バリ〜日本、と不思議な動きをしているミュージシャン、Show君と知り合ったのもその頃。
雨が一日中しょぼしょぼと降っていたような日、Ubud郊外のギャラリーの庭で彼に紹介されました。
PlanetBambooのコンサートのあった日。
バリのテロ被害への義援金を募るCDがジャカルタで製作されていて、そこに参加していた彼の名前と音はすでに知っていました。ぼくも音楽家として出来る事をUbud村で色々やっていたので、何か縁を感じてね。
その時の、好奇心に満ちた彼の瞳は今も変わらない。
Enn
そうしていつの間にか、Show君はギターを持ってNyukuningの我家へ遊びに来てくれるようになりました。
初めてのセッションは本当に驚きに満ちたものでした。ぼくはそれまでに味わったことのない感覚で、カリンバを演奏していました。
どの楽器でも自分の裡からどんどん音が溢れてくる音速珈琲廊特有の感覚。それはこの日から始まっているのです。
Room
Show君の生活って、多分すべてが音楽。
音速珈琲廊はその一部分で、色々なことをやっている。ぼくはそのすべてを知っているわけじゃない、いや、殆ど知らないのかも知れないと思う。
凄腕のギタリスト、とか驚異の和音感覚、とか。でもぴったりなのは、ぼくが空っぽの洞になるまで音を引っぱり出しておいて、涼しい顔してるニクい奴。
Gen
音速のリハーサルはあいだに珈琲を挟んで、音だけのコミュニケーション。勿論会話もするけれど、音楽家にとっては音は言葉よりも音速。なんだかそういうふたりの風景を言葉にしたら「音速珈琲廊」って自然に出て来ました。

ぼくとぼくの家族は12年振りに日本に帰国した。日本で生活を建て直すのは本当に凄く大変だった。けれどとても沢山の時間をセッションに費やした。きちんと時間をかけて、この音を創って来た。そういうことをちゃんとやった。
音速珈琲廊にはリハーサルとか本番の区別がなくて、いつでも、がすべて。それはスリルに満ちた音楽の冒険。
それはShow君の家の自室スタジオや我家のキッチンで行われる。そしてステージでも行われる。いいのかな?こういうことを行って、、と思う時もある、でも冒険だ。
そう、長い時間をかけて、たくさんの冒険を成功させてきた。
それは即興演奏の音楽?と思われるかもしれないけれど、そうではなくて。何と云うか、純粋音楽。
Nekolive
ものがたりはまだ続いています。
本当にぼくからだけの書き方になってしまったので、Show君にも「音速珈琲廊ものがたり」の執筆依頼をしようと思っています。
それまでは彼のサイトを観たりしてみてください。
音も聴けますよ。
http://www.sekishow.jp
http://www.myspace.com/sekishow
http://www.new-hero.com/neo/ 音緒
http://www.myspace.com/soniccafe 音速珈琲廊 

| | コメント (0) | トラックバック (0)