« Easyrider物語 #2 / 錆びた手に時が雪崩れてくる。 | トップページ | Easyrider物語 #4 / 四人は降車不可。終点もみえねえし。Easyrider物語 #5 / 段々と色素が抜けていって、最後には消えてしまうのかな。 »

2015年1月27日 (火)

Easyrider物語 #3 / 人生が少し楽しくなったり落ちたり。

このところ何だか楽しい。始まりは苦しかったが少し努力をしたので、ベースギターを弾くことが何だか楽しくなってきている
昔はさ、飯を喰うように、歩くように、風呂に入るように、自然にロックンロールのビートを身体の裡に感じてた。それが普通だった。
それが今じゃ、腹が減っていなくても飯を喰ったりする人生だ。別にそのことに不服があるわけじゃないけれど、そこから8ビートに飛び乗るのは簡単なことじゃなかった。

11月26日に明実からメールあり。
久し振りに取りだしたSaxphoneがとんでもないことになっており、要オーバーホールとのこと。10万くらいかかりそうだと、、高けーな、しかし。
バンドのロックンロールには、でもこいつが必要。明実にとってはこいつは玩具なので、たくさんは吹かないけれど、金属の響きがやはりぴたりとくるんだよ。

*12月16日 第2回目のリハーサル@18時~20時 吉祥寺StudioPenta
課題曲*CrazyCircus*HardSickness*JohnSimonRitcieのように

うち2曲はテンポが速く、ケンの体力的には大丈夫なのかと思われたが、遅れることなく叩き切っていて矢張り驚く。間合いに肩で息をつく姿もあったが、他人の心配するくらいなら自分の心配しやがれ、って音出している。
こりゃホントにLihabilitationしなくちゃヤバい。
重たい楽器下げて立位で演奏する事は腰への負担が凄い。翌日残るダメージも大きいが「事」がロックンロールである以上、自分はハートも身体も、垂直に立つロックローラーでなければならぬ。

Er007
この日はバンドにとって本当に古い古い友人であるTurboに来て貰い、mixer卓の調整をやって貰った。もう卓の扱いなど誰も憶えておらず、前回のリハーサルは苦労したのでね。
バンドは彼のミキシングでライブや録音を随分やった。それも昔日のこと。

そのTurboからのFBの書き込み。「うちの家内(ナース)が先日のリハーサルの動画を見て、ありえない!と感動しておりました。けんちゃんの体力はもはや神レベル。一時間大丈夫でしょう!鬼気迫るものがあります」

はは、ケン凄いな。神だぞ。まぁ今の言い方で言えば、俺たちもケンに神対応してると云えば言える。呑み屋レベルの冗談だがな。

明実のSaxphoneは結局オーバーホールが間に合わず、次回に持ち越し。

その後呑みながら、どのようなライブにするのがベストなのかと話し合う。もう誰も最近のライブハウスなんかの事情を知る訳もなく、まぁ、それぞれ調べてみるかと、その辺はおっとり刀で。歳だなぁ。
だがキャパは100以上は必要だろうと、、いやいや大丈夫か?とも思ったけれど、そんな気もするし、分かんないな、これ。

Er005

ところで其処はチェーン店らしい安い居酒屋だったんだけど、店員は駄目だし料理も酷い、、昔はそんなとこでも安くてたくさん呑めればそれで良かったが、いい歳のロケンローラーはそれじゃ嫌。
今晩のリハーサルは余程にキツかったのだろうか、ケンはすぐに帰宅。

*12月22日 3回目のリハーサル@20時~22時 吉祥寺StudioPenta
課題曲*GangStar*BoasterEddie

明実のSaxphoneは昨日出ないキィが新たに発見されて再オーバーホール。

GangStarはミドルテンポのブルースロック、BoasterEddieはスローのロッカバラッド。音の間合いに充満するものが全て。
巧いギタリストはたくさん知ってる。自分のライフワークである「音速珈琲廊(SonicCafe)のギタリストも凄い。特にアコギが素晴らしい。
しかし竜太郎のギターはそれとも違う。誰とも違う。ミドルテンポのロックンロールに関しては右に出るものはいないんじゃないかと思う。
ボーカルの明実の実弟であり、この兄弟の醸すロックのワルい雰囲気は矢張り魅力的だ。

Er12
ちょっと良いなと思う居酒屋に落ち着いて、やはりライブの相談。箱の普通の営業でのブッキングはこういう事情には向かないだろうし、ここは貸し切りでいくしかないだろう。客層や集客を考えると、日曜か休日の昼間がベストだろう、打ち上げだって盛大に、と段々話がまとまって来る。
気持ちはライブに向かって熱くなったがこの晩は雨でとても寒く、電車も混んでいて行き帰りがとても辛く、ちょっと萎む。

今年はこれでお終い。
この「事」が進行しながらも、自分のライフワークもあるわけで、11月7日には福岡の小倉城庭園で、12月13日には名古屋でライブをやっている。
この音楽はロックロールとはかけ離れたものだし、感覚が往ったり来たりで眩暈しそう。だけれど、自分の感覚がロックンロールに揺り戻されつつあるので、いつか何処かが繋がるのかなぁ、なんて思ったりもしている。

暮れ正月は仕事も忙しく、普段離れて暮らしている息子が帰って来るのも嬉しくて、暫くは、来年のリハーサル日が決まるまでは「事」もライフワークも忘れて一生懸命過ごそう。

|

« Easyrider物語 #2 / 錆びた手に時が雪崩れてくる。 | トップページ | Easyrider物語 #4 / 四人は降車不可。終点もみえねえし。Easyrider物語 #5 / 段々と色素が抜けていって、最後には消えてしまうのかな。 »

michiro-Uのときどきトランス日記」カテゴリの記事

コメント

追っかけしてたガキんちょだった私にとって、昔と今を比べられる様なものじゃないし、こんな事でもなければおそらく今はないもん(身内じゃなきゃブラックなセリフだね(^_^;))
感傷に浸るより、遙かに希望が大きいよ~
ヽ(^。^)ノ♪♪
とにかく楽しみにしています!

投稿: akko | 2015年1月27日 (火) 22時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1245913/58725184

この記事へのトラックバック一覧です: Easyrider物語 #3 / 人生が少し楽しくなったり落ちたり。:

« Easyrider物語 #2 / 錆びた手に時が雪崩れてくる。 | トップページ | Easyrider物語 #4 / 四人は降車不可。終点もみえねえし。Easyrider物語 #5 / 段々と色素が抜けていって、最後には消えてしまうのかな。 »